のんびり、まいぺーす。

気まぐれに好きなこと書きます。愛する息子くんが胆道閉鎖症で入院中。抹茶がだーいすきです♬♡

先を見据えるとだめなの

きのうはおうちでゆっくりさせてもらって、今日病院に戻りました。

やっぱり一晩離れただけで恋しかったー(;_;)♡

毎日いっしょがいいよ!!!当たり前!!!

ふつうなら、昼間おうちでお母さんと赤ちゃんふたりきりでいろんなことしながら過ごし、夜になってお父さんの帰りを待つ、、のになあ。ふつうのことができない苦しさ。悲しさ。

ギャン泣きして困っちゃう、寝つきが悪くて困っちゃう、なんておうちにいながら悩めることの幸せ。

ふつうの生活ができることは、当たり前じゃないんだよ。

世の中の産後うつとか育児ノイローゼとかなっちゃう人たちに、伝えたい。

決して産後うつとか育児ノイローゼを批判してるわけではないんですよ。

でも、こんなことになると、鬱とかノイローゼになりそうでも、鬱だのノイローゼだの言ってられないんです。こんなに辛くて苦しくて悲しくて泣きたくてどうにかなりそうなのに、それは押し殺して、付き添って、必死で必死で必死で良くなることをひたすら祈りながらお世話しなきゃいけないんです。

ギャンギャン泣いて手がかかってどうしようもないくらい困ったって、健康ですくすく育てる子なら、いいじゃない。それすら危うい子が、世の中にはいるんです。そんな子もいるんだって少しでも心を寄せてもらえたら、そして世の中のお母さんみんなが自分の子を温かい目で見守って接してあげられたら、って思います。

あくまで私個人の意見なので、勝手なこと言ってごめんなさい。

 

この病気はどんな経過であれ、移植、合併症、拒絶反応、数値の悪化、など必ず何かしらの不安要素がついてくる。それが起きないかどうか、目を見張りながら暮らしていかなければいけないのです。生きている限り、ずっと。常にそれと向き合っていかなければならない苦しみ。だから、先のことを見据えてはいけないんです。目の前のことだけ、今やるべきことをやるだけ。それをひとつひとつ乗り越えていく。それだけ。

 

またヘビーなことを書いてしまいました(><)

でも、ここは唯一、本音を叫べる場所なんです!(笑)

だって友達や家族にこんなことしゃべったら、気を遣わせてしまうし、本音で語れないもん。

今のわたしの心の拠り所は、共に闘うパートナーである旦那くんと、このブログだけなんです。言いたいことなんでも言わせてもらってありがとうございました。

今後また、普段叫べないことが出てきたらここで叫ばせてください。(笑)