のんびり、まいぺーす。

胆道閉鎖症の息子くんとの毎日を記録します♡ときどき抹茶スイーツも紹介♡

プログラフが合わなかった疑惑の話

 

もう更新をサボりすぎてどこまで書いたかわからなくなってしまって、初めて自分のブログをまともに読み返しました。(笑)改めて読み返すと、すげーいろいろあったな、、ってなるな、、これ、、。(笑)

 

そして最近息子くんが本当にやんちゃでいたずらっ子で手がつけられないので、ゆっくりスマホを見る余裕がなかなかありません。(泣)

 

えーと、昨年11月末の好酸球性胃腸炎のとこまで書いてたんですね。(笑)

その後、12月に2度、今年に入って1月にもう1度同じ症状が出ました。

さすがに繰り返しすぎて黙っていられなくなり、先生に電話で直談判したら、その後先生たちカンファレンスで話し合ってくれたみたいで、免疫抑制剤変更してみようとゆう形で入院させてもらうことになりました。こっちから希望して入院するとゆう新しい形。(爆)先生たちには大変迷惑をおかけしました😭

結果から書くと、免疫抑制剤が合わなかったとゆうことだったみたいです。たぶん移植患者の子のほとんどはプログラフを飲んでいるはずで、息子くんも最初プログラフを飲んでいたのですが、プログラフは免疫をガッチリ抑えて拒絶を防ぐ効果がある分、アレルギーを引き起こしたり胃腸に症状が出てしまう子が稀にいるらしいです、、前からわたしのブログを読んでくれてる方はおわかりと思いますが、うちの息子くんはことごとく稀なことばかりやらかすのです、、😂今回も例によってやらかしました😂(笑)そこでシクロスポリンに変更してもらいました。そしたら、移植後ずーーっと正常値のはるか高めを記録していた好酸球が、シクロスポリン飲み始めて2ヶ月後くらいの採血で正常になってました!シクロスポリンに変更してからは何度も繰り返していた恐怖の胃腸炎症状は1度も出ていません。ちなみにシクロスポリンもプログラフと同じく採血で濃度をはかって調整する薬です。たしか、シクロスポリンは最初からある薬で、それがさらに改良?されたのがプログラフとゆうことみたいです。

 

免疫抑制剤を変更したことに絡んでもう1点書きたいことがのですが、眠いのでまた後日更新します(笑)